よくある質問

クリーン製品に関するよくある質問

NICのクリーン製品に関して、よくお客様からお寄せいただくご質問と、その回答を集めました。
もしも疑問が解決しない場合、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

NICアルファマガジン.com

ホコリを少なく、クリーン度を高めるにはどうしたらよいですか?
基本はクリーンな空気を効率良く循環させて綺麗な環境を保つことです。
手作業部分であればクリーンファンユニットで綺麗な空気を送り続けることでチリやホコリ対策になります。また製造機械などにはクリーンカバー対応、作業スペースなどにはクリーンブースが最適です。
クリーンブースは作業者人数に合わせた綺麗な空気の循環が必要ですからクリーンファンユニットの追加対応策を取ってブース内のクリーン度をキープします。(ブース内気圧を高めにすることで外部からホコリの侵入も防げます。)
ページトップに戻る
コスト重視でクリーン対策して、不良率を下げたいのですが。
クリーンルームは設備投資が大変とお考えであれば、本当に必要な部分をクリーン環境化する対応策もあります。
製造過程に必要なのか?組立て作業場または完成商品保管または、運搬なのか?各工程対して最適なクリーン環境(クリーンブースやクリーンカバー、クリーンベンチ等)を配置すれば、チリやホコリでの不良率は削減できクリーンルーム投資に対しローコストが実現できます。
ページトップに戻る
自社に最適なクリーン度を教えてください。
クラス基準指定が必要であれば、まず現場の測定と作業環境に合わせた設計開発が必要です。またクリーン度は理解しても、実際のチリやホコリの混入による不良率を下げることが重要であれば、作業環境や工程の見直しとクリーンブース等の対応で不良率は軽減されます。
ページトップに戻る
クリーンルームはコスト高、何か良い手はないか?
必要なクリーン環境部分に対策をしたら、クリーンブースでも対応できコスト削減可能です。
ページトップに戻る
工程ラインに合わせてクリーンブースを設置したい。
製造機械や、組立て/検査レイアウトに合わせたクリーンブースを設計・施工します
ページトップに戻る
短期間しか使用しないのですが・・・。
NICクリーンブースは組立て式です。使用後は解体して保管が可能です。(再組立て可能)
ページトップに戻る
クリーン度の変更をしたい。
クリーンブース内に入る人数が多い場合は、クリーンファンユニット(FFU)を追加してクリーン度をアップできます。
ページトップに戻る
設置場所や運搬経路が狭い。
現地で組立てますから一般の扉サイズ、エレベータでも運搬可能です。
ページトップに戻る

クリーン製品に関するお見積・お問い合わせ

オーダーメイド製品でも簡単! クリーン製品に関するお見積・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

電話でお問い合わせ

TEL:076-463-5578

※平日 9:00~17:00
土・日・祝日、年末年始、お盆休みは除く